--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-02-13

今年も駅伝の季節がやってきた。

昨年、我が最強!たばらそだちチームは、川崎町町民駅伝大会をコスチュームランで走った。

皆さんの応援をいただきながら優勝することが出来た。でも、中学生の部の池尻小学校チームにタイムで劣っていたことについて、メンバーで話した。

「それじゃ~最強ではないじゃないか!」

そうだ。

そうなのだ。

最強じゃない。

私たちは、中学生を相手に、

「来年また挑戦するからな!絶対負けないからな!」

そう啖呵を切ったのだった。



あれから一年。

ただぼーっとしていたわけではない。

毎月月末の土曜日に集合し、練習会をやった。

それに合わせてメンバーは思い思いの練習を積んできた。

おかげさまで、メンバーの走力はこの一年で結構上がっていった。

よし!今年は池尻中チームには負けない。

少しだけ。

ちょっとだけなのだが、一年間一緒にやってきたということからくる自信みたいなものが生まれた。


あとは当日頑張るだけ。


あ。

そうそう!今年はどうする?

去年の感じでそれぞれ好きなコスチュームでいいんじゃない?

それでもいいんだけど。

今年はテーマを持とうか。


うううううん。

あ!コレで行こう!市販で売ってるズラを使うとして、ちょっとアレンジがいるな・・。


妻に頼み込んでやってもらうことにした。


妻はちくちくちくちく針仕事。
夜なべ1


夜なべをして完成させてくれた。

おし!

全てそろった!
夜なべ2




あとは走るだけ。


当日の朝、メンバーが集合してから、ズラの装着方法を説明した。


まず、この顎ヒモを自分の顎にあうように調整して安全ピンをとめるやろ。

それでズラの裏側に貼っている両面テープをはがして頭に貼り付ければ、それはもうあなた自身になります。

そんで仕上げは、ほっぺにチークのポチを貼ったらできあがり。

ちょっと怖じ気づきそうな表情のメンバー。


「で、これっていつから被るんですが?」

「それは折角だから、開会式から被りましょう。」


お。いいね!そのノリ!メンバーがかぶり始めた時点で、会場の注目度が急上昇するのを感じた。

「小梅ちゃん」


我々を見て川崎町の人たちはそう呼ぶ。


田中さん

そうだ。

この町のゆるキャラ「小梅ちゃん」。

町外の人たちがみたら、ただの女中なのだが、この町では歴としたキャラクターで通っている。

昔、この町に実在した歌謡歌手赤坂小梅さん。

今では町の可愛いキャラクター「小梅ちゃん」。

さあ、期は熟した。

「たばらそだちー!最強!」

円陣を組んで気合いを入れた。

ほぼワンウエーのコースのため、各中継所まで選手はバスで運ばれる。

一区1.5km白野さん
二区1.2km相島くん
三区2.0km井上くん
四区1.5km都くん
五区1.1km加嶋ちゃん
六区2.7km手嶋2号


私はアンカー。

2.7キロと最も長い区間。

今年、本番前に1500mで記録会をやった。

白野さん5分40秒②
相島くん5分58秒⑤
井上くん5分31秒①
都くん 5分42秒③
加嶋くん6分12秒⑥
手嶋  5分54秒④

この結果からすると、私は四番目。本来ならば、一区か四区の1.5キロが妥当なのだが、みなさんが「それまでにみんなで余裕を作っておきますから、アンカーは手嶋さんが行ってください」と言ってくれた。

みんなの気持ちをありがたく頂戴し、アンカーを走ることにした。

第五中継地点に着いて、アップをしていると、柔道チームの友人がいたので少し雑談をした。


おまえ、出ないの?

去年は選手として走っていた彼。


今年は走る服装になっていないので聞いてみた。

「いやいや、今年は俺なんぞが出る幕じゃないんよ。」


どういうこと?

「手嶋くん、今年はうちも結構すごいばい。」

「箱根駅伝経験者が二人チームにいるんよ!」

は、箱根?そこにすごいスピードでアップをしている選手が目に入った。


彼か・・。

これは大変なことになった。


池尻中意外にも伏兵がいた。

しかも相当強力。

その二人とさらにもう一人、大学陸上部出身が一人いるそうだ。

六人中三人がスーパー選手。

これは燃えてきたぞ!この緊張感。

そうでなくちゃ!


ゴール後にこのチームの監督に会って話をした。

「あんた達の『最強!たばらそだち』の”最強”を消してやろうと思ってね。」


うちのチームを意識して、この大会に参加してきたチームがいる。


なんという光栄なことか。


私は震えた。


いい!

実にいい!

これはいいぞ!負けるか!

負けるかよ!

アップしながら、二区から三区への中継のところまで行ってみた。


白野さん
1区白野さん

井上君
井上くん


お!相島くんが力走!二位までを二分以上も引き離している。


たすきは井上くんに渡った。


この分ならばいけるかもしれない。


二分。

距離にしたら500~600m。

でも、私が2.7キロを十分でいくところを八分でこられてはチャラになってしまう。


・・・・。


考えてもはじまらない。


もう、走るしかないのだ。

五区の先頭選手が見えた。


加嶋くんだ!

よし!

あとは受け取ったたすきをゴールまで持って行くだけ。


一キロはしったところで三分三十秒。

ちょっと早すぎたか・・。

それから時計は見なくても自分が落ちているのがわかった。

沿道の応援が聞こえた。


「小梅ちゃ~んがんばって~!」


ありがとう!

わかってもらえてうれしい。


うれしいんだけど、思ったようにスピードが伸びない。


うううう。

次の一キロは三分五十秒まで落ちていた。


いかーん!


最後の75mでムチを入れた。


後ろが気になり、何度も振り返ってみた。



後ろにはまだランナーが見えない。

よし。

このまま!

いけー!

ゴールテープを切ってゴールした。


優勝。

優勝だー!


すでに到着していた都くんや井上くんと喜び合った。

チーム記録は34分29秒。

あれれ?去年は34分15秒。


あれれれれれ?

どういうことだ?

私のタイム10分12秒。

去年が9分57秒だったから去年よりも19秒も遅い。





俺か・・・。


ごめんなさい・・。


でも、みなさんのがんばりで支えてもらって優勝することが出来た。


今年は総合優勝。


文句なしの最強!


たばらしだちは、最強なのである。



集合2
スポンサーサイト

2013-06-10

穴があったら入りたい

100キロも走るもんだから、いろんな出会いがある。

田代さんとの出会いもそう。

昨年、阿蘇カルデラスーパーマラソンを走っているときに知り合った田代さん。

田代さんとは70キロ以降に出会い、二人で話しながら90キロあたりまで一緒に走った。http://www.jognote.com/days/11907871


今年も田代さんに会える。


スタート地点で見つけることはできなかったが、私が最初の20キロを突っ走ってしまったことからして、私の後ろに必ずいる、そう思いながら田代さんが私を抜くのを待っていた。


80キロ地点。


昨年はこの辺を田代さんと一緒に走ったな。そろそろ抜いてくれてもいいころなんだけど・・・・。



結局田代さんに抜かれることなくゴールした。


ゴールしたみんなと互いの健闘をたたえあっていると。



あー!


田代さん!!!!!



背中に竹かごを背負って、手には火ばさみ。



ど、ど、どうしたのー!!!


どうしてそのイデタチ?


籠の中にはランナー達が捨てたと思われるゴミがたくさん入っていた。


え!どうして?


ゴールしたばかりの田代さんを質問攻めにしている自分に気づき、とりあえず着替えてパーティでゆっくり話すことにした。


何が彼をそうさせたのか。


「どうしてカルデラをゴミ拾いランで行こうと思ったかといいますと。

話せば長いのですが、簡単に言うと昨年大水害に遭った阿蘇のためにやろうと決意したからなんです。

昨年夏、熊本地方を襲った大水害、阿蘇地方を中心に多くの方々が犠牲になりま
した。

僕も昨年発生後、何度か災害ボランティアとして活動しに行ったのですが、それ
はそれは悲惨な状態でした。

現在でも阿蘇はまだまだのところも点在しています。

そんな大変な状況の中、カルデラを中止することなく開催してくれることに感謝
しながら走ろうと決意したのです。」



そうか。そうだったのか。


私も阿蘇の災害のことはニュースや新聞で見て知っている。福岡も大変だった。


でも、その舞台だった阿蘇カルデラを走るのに、そのことはすっかり忘れていた。


田代さんの前に立ち、自分がものすごく恥ずかしくかった。



そうだった。


ゴミを拾わないまでも、俺にもこの阿蘇に何かできることがあったんじゃないか。


恥ずかしい。


「『2012.7.12の大水害の際は大変お世話になりました!来年の阿蘇カルデラマラ
ソンも宜しくお願いします!』

という横断幕が貼られていて、僕はそれを見て感動したて涙が出そうになりました。

あんな悲惨な状況でまだまだそれどころじゃないだろうに。

僕たちランナーのために大会を中止することなく開催し、多くの地域ボランティアの方々が雨の中頑張ってくれていました。

だから僕も最後まで諦めることなく頑張れたし、ゴミを拾いながらでも完走でき
たのだと思います。」


田代さん。あんた、かっこいい。


そして俺はほんとに恥ずかしい。

2013-06-03

身体のなかは見えない

今日は仕事が終わってから血糖値の検査。

阿蘇カルデラスーパーマラソンの二日後だ。

去年は、CKという値が1000を超えパニックを示し、絶対安静で拘束されそうになった。

また看護師さんたちに迷惑をかけてはいけないので、前もって二日前に激しい運動をしたからパニック値が出る可能性が高いことを伝えた。

「何をされたんですか?」

マラソンです。


「因みに何キロ?」


100キロ。


ひー!という顔で去って行った。


30分後、診察室に呼ばれた。

「血糖値はいいんやけどね、CK値またパニックよ。4465。GOTとかも高い。あと貧血。」

100キロという道のりは体に想像以上のダメージを残したようだ。

CK値は身体中筋肉痛で痛い時でもせいぜい500くらいなのだそうだ。


「ゆっくり体を休めなよ。」

はい。

当分体をいたわってあげよう。

ムリさせちゃったね、俺の身体。

ありがとう。

2013-06-02

道で知らない人に声をかけられたら

100キロのコースにはたくさん応援して下さる人達がいて、「がんばってー!」「ありがとうございます♪頑張りま~す」このやりとりだけでものすごく元気がわいてくる。

60キロから70キロ。

残り40~30キロだ。気分的にも体力的にも重苦しいあたり。


つらい…。

着地の度に足の裏が悲鳴をあげている。

右左右左右左右左。

足が交互に着地するたび、

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い
とリズミカルな痛い情報が脳に送られてくる。

ここはアスピリン投入だ!!

この技は去年から使っている。

去年、70キロ過ぎたあたりのエイドポイントに置いてあったのを見た。

今年はヤリッと持参。

飲むと少しだけ楽になるがきついことに変わりはない。


「手嶋さ~ん!」

走っていると、知らない人がこちらを見て笑いながら手を振っている。

誰だ?


知らない。


知らない人が俺みたいなおっさんに…

ゆ…


誘拐される!!



「手嶋さん。ウメです!」


あ!ウメさんか♪


下関の時に沿道で応援していただいたことがあり、その時が初対面だったのだが、ウメさんはその時サングラスに鯛焼きコスだったから顔はよく分からなかった。


ウメさんはジョグノで知り合ったお友達。一緒にサブ3を目指し、情報を交換したり励まし合ったりしていた。しかし去年まではつくばに居られたので直接お会いできる機会は薄いだろうと思っていた。

おー!ウメさんか♪


誘拐はされない。

その後もときどき現れて応援ランをしてくれた。

ありがとう!!ウメさん♪

今度は福岡で一緒に走りましょう♪


走っていると、色んな出逢いがある。

走るっていいな。

2013-06-01

100キロ

昨年は1時に出て余裕で会場に到着したので2時に家を出た。

駐車場に到着すると4時20分!

やばい。ちょっとズルしすぎた。


今日は阿蘇カルデラスーパマラソン。


およそカルデラを1周。100キロを走る。




受付を済ませてゼッケンとセンサーを付けて荷物を預けたりなんたりしていたらあっという間にスタートの時間になってしまった。

ナンバーは683か。

あわててスタート地点に行くと、もう大勢が並んでいた。


スタート地点のすぐ後ろに入れそうな隙間を見つけて入った。


周りを見渡しても知っている人は誰もいない。


ああ。もうちょっと早く来ればよかった。


後悔しても始まらない。


目の前の100キロを見据えた。



雨は降っていないが、これから降るであろう雨の対策にポンチョを来ている人が結構いた。


私もポーチの中に忍ばせているが、今は降っていないので途中で降りだしたら考えることにした。


スタート!


さあ、がんばっていきましょう。


周りと同じペースで走った。


あれ?


きつくはないけど、ちょっと早いんじゃないかな。


先頭付近にならんだから、周りにいた人が早い人ばっかりだったのだろう。


これにつられてペースが速くなっていた。


大丈夫なんだろうか。


このレース、やたらと長いので最初からいろんな人に声をかけて話しながら走ることにしていた。


斜め前を走っている人の背中に熊本テレットの文字発見。


こんちは。

一昨年、熊本テレットの方に70キロ地点で励ましてもらって引っ張ってもらえたから完走できた、という話をした。


「それは○○さんだね。今日も走ってますよ。」


そうか。今年も完走を目指している方の並走をしておられるそうだ。


ところで、このペースはちょっと早い気がするので落とそうかと思うんですが・・。


「走力はどのくらいですか?」


え。走力ですか?うんとうんと、あ!私、去年の暮れに防府でサブ3達成しました♪


「サブ3!それはすごいですね!」


おほほ。そうですか?おほほ。それほどでも♪



「ならばこれでいけますよ。後半落ちるかもしれないけど10時間代でいけるんじゃないですか?」


そうか。僕チン、サブ3だもんな。



その後、帽子や背中に赤いリボンをつけている方に話しかけた。


そのリボンは何のおまじないですか?


「これは、エイズに対する偏見をなくそうというリボンです。」


へー。いろんな人が走っているんだな。


時計のタイマーを見るとキロ5分ちょいのペース。


・・・・。

ところで、ちょっとペースが速い気がしてるんですが大丈夫でしょうか。


「フルのベストはどのくらいですか?」


あ。2時間59分57秒で、あのサブ3でですね。



「それなら大丈夫ですよ!サブ3よりこのレースのサブ10の方が楽だと思いますよ。私はサブ3達成したことはないですけどサブ10は何度かいけましたから。」


あ。そうすか~?おほほほほほほ。


まあ、つらくなったら落とせばいいんだし、このまま行ってみよう。



20キロを過ぎて立ちはだかるのが高森峠。


この坂、何度登ってもキツいわ。


上の方から、このあたりで出くわすだろうと思っていた友人の姿を探したが見当たらない。


やっぱりちょっと飛ばしすぎた。


ペースはキロ7分を超えた。


ううう。

傾斜もキツイがそれを考慮に入れてもちょっとペースが落ちすぎだ。


サブ3サブ3言って、ちょっといい気になりすぎていた。


これはその罰だ。


そこから上がることなく、ひたすらとぼとぼと走った。


身の程を知らないとこうなってしまうんだな。


まあ、仕方がない。行くしかない。


「手嶋さん!」

あ!白野くん!俺はもうだめだ。先にどうぞ!

白野さんはキロ5分ちょいくらいのペースで走りぬけて行った。


おお!調子よさそうだ。

追いかけていきたいが、無理だ。


足へのダメージが想像以上にあった。


もしかしたら50キロでリタイヤするかもしれない。


でも、そこまでは中間地点までは走ろう。


不意に後ろを振り向くと近藤さんがいた。


あ!近藤さん。


過去2回の大会では前半近藤さんと一緒に走った。


近藤さん、俺飛ばしすぎた。もしかしたら50キロでリタイヤするかもしれない。


「俺も。今日は前半上げすぎた!俺もリタイヤするかもしれないな。まあ、50キロまでいって食うもん食ったらまたはしれるよ。」


中間地点まで行くと、デビルマンさん、よし子さんが出迎えてくれた。わ~!応援しに来てくれてたんだ!うれしー!ありがとうございます。


時計を見ると5時間10分。


後半落ちたのにこのタイムはやっぱり速すぎる。



ちょっと長めに30分ちょい休憩をとった。


スイカがうまかった。


トイレを済ませて、再び走り始めた。


足が・・・。


足が固まって動かない。


休みすぎたか・・・。



温まるまで結構時間がかかったが走れるようになってきた。


よし。完走はするぞ。


なに。80キロまで行けばなんとかなるんだ。


今年は50キロの部のスタートより先に中間地点を出発したので後ろからどんどん活きのいい選手たちが抜いていく。


わー!元気だね。


60キロ地点か。この辺が精神的にきつい。あと40キロ。これはまだまだ先がイメージできない距離だ。


このあたりから熊本の橋口さんと話しながら走った。


去年は50キロの部を走り、今年は100キロ初出場。


誰かと並走して話すときは、どちらかというと私が話していることが多いのだが、橋口さんはいろんな話をしてくれた。

面白かったので相槌を打ちながら楽しく聞かせてもらった。


65キロ地点。この5キロは長かったが橋口さんのおかげで気が紛れた。


その調子で70キロ到着。


橋口さんはトイレに寄り、そこで別れた。


あと30キロ。


最後の坂は75キロからだっけ?


80キロがピークでそこから下りが10キロとかだっけ?


ちゃんと前の日調べてくればいいのにそういうことをしない。



あ。


標高表を持っている人発見。


あとどのくらいで登りですか?


「もう少ししたら登りで88キロあたりがピークみたいですよ。これ友達が作ってくれたんです。」


いいお友達ですね。どちらからですか?


「福岡です。」

彼女は春日市からの参加だそうだ。


見たことのある帽子。


あ!それ小郡の?


「あ!同じですね。」


今日は私も小郡マラソンでもらった副賞の帽子をかぶっていた。


「あ!見てください、これ。」


彼女が差し出す腕には、私が今日しているのと同じソーマの機種の時計。


あ、あなたはもしかして。



もしかして、生まれてすぐに生き別れになった私の双子のお姉さん・・・。



「ちがいます。」


・・・。


でも奇遇です。



奇遇なことは他の人ともあった。



最後の登りを走っているときに話をした加藤さん。


私と同じシューズ。


しかも、買った店も担当の店員さんも同じ。


へー!


加藤さんはウルトラ初出場。最後の下りも一緒に走った。



あとちょっとで下りが終わる90キロ手前。


「しましまさん、12時間切れますかね?」


時計を見ると11時間ジャスト。



ううううん。キロ6分でいかなきゃだよ?


行けるだけ行ってみようか!


おおし、残りの下りもペースアップ。


おりきってキロ6分で走ってみた。


いけるかもしれない。


おお!いけるかもしれない!



あと5キロ!


「しましまさん!ちょっと落とします。」


あら?落とすと間に合わないよ。でも、がんばれるところまでがんばって!


先行した。



時計を見ながら走った。


キロ6分。


日頃は大したことのないペース。


最初の20キロで上げすぎて挫折して。


でも最後ぐらい。


ゴールが見えてきた。



ゴール!


去年よりもいい10分ほどタイムだった。


タイムはいい。今年も100キロ走りきることができた。


いろんな人と会えたな。


終わってしまえば楽しいばっかりだ。


ゼッケンのナンバーは683。


無闇に飛ばしすぎちゃいけないよってね。


また走ろう。


私は自分のために走る。


またきます。


八木山で練習会をしてくれたよねきっちゃん、一緒に走ってくれたみなさん、ありがとうございました。おかげで完走できました♪

☆5キロごとのラップ
(5km)25分40秒
(10km)25分42秒
(15km)25分31秒
(20km)27分26秒
(25km)39分46秒
(30km)32分34秒
(35km)34分12秒
(40km)36分3秒
(45km)32分31秒
(50km)37分77秒
休憩33分21秒
(55km)33分30秒
(60km)33分13秒
(65km)37分10秒
(70km)37分57秒
(75km)43分2秒
(80km)41分5秒
(85km)45分3秒
(90km)37分33秒
(95km)32分9秒
(100km)28分4秒



最新記事
プロフィール

しま・しま

Author:しま・しま
土からつくるここだけ芋焼酎「たばらそだちプロジェクト」を立ち上げました。土と食、命がつながるといいなと思います。

カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。