--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-08-09

手嶋ぶどう園、大海原にこぎ出す

前回同様、浜辺から船のいる沖合まで少し泳ぎそこで伴走する船と合流。


目的地は見えていても、遠いし、波はあるし、潮流もあるのでまっすぐ泳ぐというのはなかなか難しい。


1.5キロ、2.5キロ、3.5地点とゴールにはでっかいバルーンが上がっている。わかりやすいよう地点ごとにバルーンの色が違う。

理屈上、そのバルーンを追っていけばゴールできるようになっている。


1.5キロ地点でまず休憩。時計を見ると32分ちょい。


おお!結構速いじゃないか!この分だと1時間半くらいでいけるのかもしれないぞ。


休憩といっても、海上である。立ち泳ぎしたまま、船から投げ入れられるひも付きのペットボトルから水分補給を行なう。



ううううう。立ち泳ぎキツイ!水を飲もうとすると沈む!


この大会で何がキツイかって、休憩よりキツイものはない。

水分補給はキツイとか何とか言うまえに命がけの作業である。



水分補給が終わったら先頭を交代して次のバルーンを目指す。


次は水色のバルーン。

4人で泳ぐときに最も大変なのは先頭の選手である。


監督が指示をするとはいえ、目標を見失わないように息継ぎ何度かに一回は頭を真正面に上げ、目標を捉えながら泳がなければならない。


なかなか水色のバルーンが近づかない。


うへ~!


到着するまでにへこたれてしまうかもしれないので、前の休憩から30分経ったところで、先頭を替わった。



私が先頭。

TS3H0414.jpg



水色のバルーンに到着してから次のバルーンとゴールを見ると、かなりバルーンが右方向に見える。


バルーンが風か潮で流されているようだ。


監督と相談して、そのバルーンは無視していくことにした。



これからがながいことながいこと。



ゴールは見えているのだが、なかなか大きくならない。



だんだん、メンバーのペースが落ちてきた。やばい・・・。



ゆっくり泳ぐのも退屈なので、先頭ふたりでバタフライをしてみたり、背泳ぎをしたりしてペースを合わせた。


ざぶーんと深~く潜ってみたりもした。



わはははは!自由だね!



あと300m!



海岸が近づくと船は途中で離脱し、監督達はゴールに先回りする。




ひー!ついた!



みんなで手をつないでゴール。


TS3H0428.jpg


お疲れさま!手元の時計が2時間4分28秒
http://www.10bai.com/enei/new2010.html


105位。


この大会はみんなで泳ぎ切ることが最大の目的!


タイムなんてその時々の状況で違うんだからね。


無事帰還!


最後の締めはこれ!



TS3H0432.jpg



シロクマは、火照った体にきーんとしみ入った(^_^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
プロフィール

しま・しま

Author:しま・しま
土からつくるここだけ芋焼酎「たばらそだちプロジェクト」を立ち上げました。土と食、命がつながるといいなと思います。

カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。